閉じる

MENU

ログイン

【7月・1歳児】月案文例と書き方/ねらい・環境構成など<2022年度版フォーマットあり>

指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例と、すぐに使える最新のフォーマットをご用意しました。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、1歳児クラス・7月の月案です。

今月のポイント

夏本番目の前となる7月。気温の変化による体調不良には十分に注意をして、こまめな水分補給や休憩をとりましょう。またこの時期には、夏ならではの遊びや活動を楽しんでみてください。水遊びはもちろん、製作にも季節感を取り入れるなどしてみるといいですよ。お友だちとの関わりが増えてきた子には、保育者が介入しすぎず見守ることも大切です。

ねらい

  • 身体を清潔にして気持ちよく過ごす。
  • 保育者と一緒に身の回りのことをやろうとする。
  • 水遊びで水に親しみ、季節を楽しむ。
  • 泥や砂に触れて感触遊びを楽しむ。
  • 他児と関わりながら一緒に遊ぶ。
  • 簡単な言葉で他児や保育者に気持ちを伝える。
  • 絵本や保育者との会話を通して言葉に親しみ、自分の気持ちを表現する。
  • クレヨンや画用紙を使って製作を楽しむ。

内容

  • 汗をかいたら着替えたり水遊びをして、涼しみながら気持ちよく過ごす。(健康)
  • 着替えや手洗い、片付けなどの身の回りのことを保育者のサポートを受けながら自分でやろうとする。(健康)
  • じょうろやざる、おたまなどを使って水の触感や冷たさに触れながら、夏ならではの遊びを楽しむ。(環境)
  • 園庭の砂場に水を入れて泥遊びをし、普段の砂との感触の違いを感じたりままごとをしたりして遊ぶ。(環境)
  • 同じ玩具を使って一緒に遊んだり、「かして」「どうぞ」などのやり取りをしたりして関わりを増やす。(人間関係)
  • 自分がやりたいことや嫌なことを「あっち」「いやだ」など簡単な言葉を使って表現する。(言葉)
  • 絵本に出てきた単語や、保育者とのやり取りで出た挨拶などを覚え、言葉を使う楽しみを感じる。(言葉)
  • クレヨンでなぐり描きをしたり、画用紙をちぎってのりで貼るなど指先を使って製作をする。(表現)

※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)

環境構成

  • 着替えのストックを多めに用意し、汗をかいたら早めに着替えられるようにする。
  • 子どもが自分でやろうとする気持ちを尊重しながら、必要に応じてサポートする。
  • 水遊びに使用するじょうろやざる、おたまなどを用意する。
  • 泥遊びを存分に楽しめるように汚れても良い服を着用し、さまざまな道具を用意する。
  • 子ども同士が関わりを持ちやすい玩具やコーナーを用意する。
  • 子どもの気持ちを代弁したり繰り返すなどして受け止めながら、安心して気持ちを表現できる関係性を築く。
  • 子どもが興味を持った生き物や食べ物に関する絵本を用意する。
  • 机にクレヨンやのりがはみ出すことがあるため、新聞紙を貼っておく。

予測される子どもの姿

  • 気温が急激に上がり始め、室内でも汗をかきやすくなる。
  • 自分でできることが増え、自我が芽生えて意思が強く表れる。
  • 遊び道具によって異なる水の感触を楽しむ。
  • 泥の感触を嫌がる子や楽しむ子など、さまざまな反応が見られる。
  • 初めは玩具を取り合いトラブルになる姿が見られるが、保育者のサポートを受けながら少しずつ貸し借りができるようになる。
  • 自分の気持ちが上手く伝わらないと泣いたり怒ったりすることがある。
  • 保育者の話す言葉を繰り返したり、絵本で見たものを実際に見ると指をさして名前を言ったりする。
  • 指先を上手く使えるようになり、紙をちぎったりのりを使ったりしながら製作ができるようになる。

前月の子どもの姿

  • 言葉が増え、他児との関わりが活発になってきた。玩具の貸し借りをしたり、一緒に遊んだりする姿が見られるようになった。
  • 暑い日が続いたせいか、体調不良の子が多かった。室内の温度や湿度に注意しながら、健康に過ごせる環境を整える。

家庭や地域との連携

  • 泥遊びを行うことをお知らせし、汚れても良い服装を用意してもらう。
  • 水遊びに関する注意事項と水遊びカードの使い方をお知らせする。

健康や安全

  • 熱中症や食中毒、感染症に関する情報を職員で共有し、水分補給や除菌、換気などを適切に行う。
  • 保育室内の湿度や温度をこまめにチェックする。

食育

  • 自分で食べたい気持ちを尊重して必要以上に介助をせず、楽しく食事ができるように「おいしいね」など声をかけながら見守る。

今月の行事

  • 身体測定
  • 七夕会
  • 水遊び
  • 避難訓練
  • 誕生日会

今月の歌・手遊び・体操

今月の歌

  • うみ
  • きらきらぼし
  • あいあい
  • いるかはザンブラコ
  • たなばたさま

今月の手遊び

  • なっとう
  • さかながはねて
  • にゅうめんそうめん
  • ぼうがいっぽん

今月の体操

  • パイナポー体操
  • エビカニクス音頭

今月のおすすめ絵本

  • みずちゃぽん
  • おまつり
  • はなびドーン
  • こぐまちゃんのみずあそび

自己評価

6月は梅雨に入り、室内遊びの機会も増えたのではないでしょうか。子どもたちも雨で外に出られない日が続くと、ストレスが溜まります。そのときの体調の変化をしっかりと察知したり、室内でも身体を動かせる遊びを取り入れたりできたかどうかを振り返ってみましょう。日々子どもたちの体調の変化を見落とさないことも、保育者の大切な役割のひとつですね。

ダウンロード

ほいくisの会員登録をすると、Excel形式で“そのまますぐ使える”月案フォーマットをダウンロードすることができます。また、プリントして参考にしたいという方のためにPDF版もご用意しました。ぜひチェックしてみてくださいね。
月案をダウンロードするボタン
月案ダウンロードファイルExcel版の画面イメージ

PDF版の月案文例

月案をダウンロードするボタン
>>会員登録はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

【関連記事】
>>指導案・おたより一覧
ほいくis(ほいくいず)編集部

この記事を書いた人

ほいくis(ほいくいず)編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

<Instagram>
https://www.instagram.com/hoiku_is/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事