ログイン

保育士が腰痛になる原因とは?つらい職業病の対策法

子どもを抱っこしたり、低い姿勢で作業したり…とにかく腰を痛めやすい職業の代表でもある保育士。毎日のことなのでなかなか腰を休める時間もなく、慢性的な腰痛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。元保育士の筆者も、最後まで腰痛には悩まされました。今回は、腰痛になりやすい場面と、普段から気をつけたいポイントをご紹介します。

こんな姿勢が原因に

子どもと接するため低姿勢になり、腰痛になる方がとても多い保育のお仕事。私は寝返りが打てなくなったこともありました! では、実際の原因として多いものは何でしょうか?

おむつ替え・着替え

おむつ替えや着替えの補助のときは、前かがみになったり膝立ちになるため腰を痛めやすいです。

子どもの目線に立とうとすると、どうしても姿勢が低くなるので腰痛の大きな原因に。他にも、トイレ介助でも同じように低姿勢になるので注意が必要な場面ですね。

>>保育園のおむつ替え用品を集中収納!整理収納アドバイザーのワザとは
>>新人保育士必見!おむつ替えがスムーズにできるポイントとは



 

抱っこ

低年齢児クラスでは特に、子どもを抱っこする場面が多いですよね。

抱きかかえるときに前かがみになることで、腰に負担がかかります。かといって抱っこなし! というのもなかなか難しいもの。なるべく腰に負担がかからない方法で抱っこしたいですね。

事務作業

実はこれも、腰に負担がかかる原因になります! 中には、子ども用の低い机で事務作業を行っている保育士さんもいるのではないでしょうか?

下を向いた状態で長時間書類を書いたり、制作をしていると腰がかたまってしまいますよね。毎日の事務作業が積み重なって、気付くと腰を痛めている…というかもしれません。

私は子ども用の机に、さらに子ども用のいすに座るというなんとも厳しい体勢を自らとっていました。今思うと、腰を痛めて当たり前の姿勢ですね(汗)。

>>【Vol.2】保育士にとって本当の負担って?~第1回保育士座談会~

日常的に対策を

忙しくてなかなかケアできない…。そんな保育士さんだからこそ、日常的な対策が大切。場面ごとに気をつけたいポイントを知っておきましょう!

中腰は危険!子どもの目線まで腰を落とす

中腰は腰痛の大敵。抱っこ、着替え、トイレなど、さまざまな場面で子どもの目線まで腰をしっかり落としてみましょう。下までしゃがみ込むことで、腰への負担が軽くなりますよ。

また抱っこをする際、背中を丸めたり腰を折った体勢のまま立ち上がるのは危険。できるだけ子どもを自分の重心の位置に近付けて、ゆっくり立ち上がるようにしましょう。

おむつ台を高くする

おむつ替えを床で行うと、どうしても姿勢が低くなりますよね。

ベビーベッドや、高さのあるおむつ台を使っておむつ替えを行うのがおすすめです。なるべく保育士さんの腰の高さに合わせたものを選びましょう。

私の園では床でのおむつ替えでしたが、他園にお手伝いに行ったとき背の高いおむつ台を経験し、感動した覚えがあります(笑)。

大人用テーブルを用意する

事務作業用として、大人用テーブルを用意してもいいですね。折りたたみのものであれば、普段は子どもに危険がないようにしまっておけます。自然な姿勢で作業できる環境を整えることが大切です。

事前の予防で腰痛を撃退!

日常生活でも仕事でも、腰の痛みはつらいものですよね。一度痛めると長引いたり、ぎっくり腰につながることもあります。あらかじめ予防や対策をして、気持ちよく保育ができるように自分の体を管理しましょう!

>>「保育士は膝が黒ずむ」悲しい“保育士あるある”の原因と対策とは?
>>保育士の職業病!つらい肩こり解消におすすめのグッズ

まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事