閉じる

MENU

ログイン

すぐに使える月案文例【3月・3歳児クラス】※ダウンロードあり

3歳児クラスの女の子
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、3歳児クラス・3月の月案です。

フォーマットの使い方

月案フォーマットのイメージ
ダウンロードできるファイルは2種類あります。「月案フォーマット」は、そのまま月案として利用できるように、週毎のねらいや内容、環境構成から当月の行事までExcel形式でまとめたもの。時間に追われてじっくりと月案に取り組めない方は、こちらをご利用ください。

「月案文例」は、こちらの記事の内容を、印刷しやすいようPDF形式にしたものです。参考にしながら月案を作成したい方は、こちらをご利用ください。

月案フォーマット(Excel/エクセル)


月案フォーマット(Excel)はこちら

文例(Wordファイル/PDFファイル)


月案文例(Word)はこちら
月案文例(PDF)はこちら

ねらい

  • 自立して身の回りのことができるようになる。
  • 進級に向けて期待を持って生活をする。
  • 感謝の気持ちを持ち、相手に伝える。
  • 優しさや思いやりの気持ちを持って他児に接する。
  • ひな祭りの由来を理解して行事に親しむ。
  • 春の自然を探し、季節の変化を感じる。
  • ひらがなで自分の名前が書けるようになる。
  • さまざまな素材に触れ、感触の違いを楽しむ。

内容

  • 生活の流れが身に着き、着替えや排せつ、片付けを次のことを予測して行う。(健康)
  • 年上クラスの子どもたちを見て憧れ真似をしながら、自分でできることが増えたことに自信を持つ。(健康・人間関係)
  • 年長クラスのお兄さん・お姉さんが卒園することを理解して、プレゼント製作を行う。(人間関係・表現)
  • 相手がどう感じるか自分なりに考え、思いやりを持った言葉かけをする。(人間関係)
  • 絵本でひな祭りの由来や行事食の意味を学び、他児や保育者と話し合う。(環境)
  • 葉の色の変化や花のつぼみなどを見つけ、冬とは違った自然に触れる。(環境)
  • ひらがな表やひらがな図鑑で音と文字を合わせて覚えながら、自分の名前を練習する。(言葉)
  • さまざまな素材の葉っぱ、布、紙などに触れて違いを感じ、仲間分けをしたり製作に取り入れる。(表現・環境)

※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)


 

環境構成

  • 生活のペースや流れは子どもによって異なるので、保育者は個々のやり方を尊重して見守る。
  • 進級に向けてどんなことがしたいか、できるようになりたいかなどをクラスで話し合う。
  • 卒園について話をしたり絵本を読んだりして、卒園がどのようなものなのか理解したうえでどんなプレゼントが良いか子どもたちと考える。
  • 語彙も増えてきて子ども同士でのやり取りが活発になっているので、保育者は見守るようにする。
  • 楽しみながら文化に触れられるように、ひな祭りに関連するもののペープサートを作る。
  • 自然体験遊びができる公園に散歩に行く。
  • ひとり1~2文字に分担して、子どもたちと一緒にオリジナルのひらがな表を作る。
  • 戸外活動で集めた葉っぱを持ち帰るために、袋を持っていく。また製作用にさまざまな素材の用紙や布を用意しておく。

予測される子どもの姿

  • 保育者の指示がなくても自分で考えて行動をするようになる。
  • 「れんげ組になるから自分でやる」と、次のクラスを意識した発言や行動が見られる。
  • 「ゆり組さんと会えなくなっちゃうの?」「さみしい」など卒園を理解して、寂しがる様子がある。
  • 相手の様子を見て気持ちを汲み取ったり、「痛かった?ごめんね」など言葉にして相手を思いやる。
  • ペープサートや絵本でひな祭りの由来や行事食の名前を覚えたことをうれしく感じ、友だちや保育者に説明する姿が見られる。
  • 「葉っぱが緑になってきたね」「お花咲きそうだね」と自然の変化に気付き、観察をする。
  • 自分の名前を書けるようになりたい思いで何度もひらがなを書いて練習したり、保育者の書いた文字を上からなぞったりする。
  • 「つるつる」「ざらざら」など、感じたことを言葉で表現して、感触の違いを楽しむ。

家庭や地域との連携

  • 進級に向けて保護者との連絡を密に取り、不安や悩みに寄り添っていく。
  • 生活の状況を写真の掲示や連絡帳を通して共有し、1年での成長を喜び合う。

健康や安全

  • 気温に合わせた衣類の調節や活動内容の工夫をしながら、健康な環境で生活できるようにする。

食育

  • 行事食の意味を知り、みんなで一緒にひな祭りランチを楽しむ。
  • 旬の食材を使った給食を楽しむ。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)


月案フォーマット(Excel)はこちら

文例(Wordファイル/PDFファイル)


月案文例(Word)はこちら
月案文例(PDF)はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

【関連記事】
>>指導案・おたより一覧

 
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事