ログイン

保育士はどこまで対策する?お散歩・外遊びのヒヤリハット

芝生の上で遊ぶ子どもたち
保育園では、公園や園庭での活動、お散歩など、外へ出かけることが多いですよね。子どもにとってとても楽しい活動ですが、予想外のヒヤリハットがたくさん隠れています。最近ではお散歩時や通学時などの事故、事件がニュースになることも多く、「子どもの安全を守る」ことの大切さを改めて考えさせられますよね。今回は、園外で起こりやすいケースとその対策をご紹介します。

移動時に気を付けること

まずは公園など、園外に行く途中の道中で起こるケースを見ていきましょう。

車や自転車

  • 車や自転車との衝突
  • 子どもの飛び出し
歩道がしっかりと整備されていないところもあるため、一番安全な道を保育士が事前にチェックしておくことが必須。常に周囲の状況を確認しながら、子どもの安全を第一に考えておくことが大切です。お散歩マップは一度作ったらOKではなく、定期的に見直して「今、一番安全な道」を把握しておきましょう。


横断歩道

  • 点滅中に横断する
  • 後ろの子どもたちが間に合わなかった
ちょっと走れば大丈夫! という考えはまず捨てましょう。子どもの靴が途中で脱げる、転ぶという事態を常に予測して行動しましょう。列が長く、後ろの子どもたちが間に合わなかった、というケースも。「渡るときには4列になる」「2回に分けて渡る」など、状況に合わせて対応しましょう。

列から外れる

  • 手を離して走り出す
  • 列をはみ出して歩く
園外には子どもの興味をそそるものがたくさんあります。目に入ったものの方へ走り出す子がいるかもしれません。とっさの事態にも対応できるよう、保育士の配置なども考慮しましょう。

公園・園庭

広い公園や園庭では、子どもたちがそれぞれ遊ぶため一人ひとりの様子が分かりづらくなりがち。気を付けておくべきポイントを頭に入れておきましょう。

遊具

  • 滑り台から転落
  • 漕いでいるブランコの前を通過し、衝突
遊具のヒヤリハットは、よく挙げられる事例です。子どもたちが楽しく遊ぶためにも、遊ぶ前に約束を作ったり、注意しておきたい遊具には保育士を配置するなど工夫しましょう。

落ちているもの

  • ガラスを触って手を切る
  • ライターやたばこの吸い殻を拾う
公園に落ちているものにも子どもたちは興味を示します。中にはガラスやたばこ、ライターなどもあるため、遊び始める前に必ず保育士が見回って危険なものは回収しましょう。

子どもがいなくなる

  • 気付くと公園の外に出ていた
  • 外の歩道橋を渡っていた
たくさんの子どもたちが一気に遊び始めるので、常に全員を見るのはなかなか難しいですよね。「気付いたらいなくなっていた」なんてことがないよう、遊び中でも声かけをしたり、常に子どもの人数を確認するなど工夫しましょう。

夏の外遊び

どの季節でも注意は必要ですが、特に夏は要注意です。ポイントをご紹介します。

やけど

  • 遊具の金属部分でやけどした
  • アスファルトに手をついてやけどした
夏は気温が高くなり、さまざまな部分が熱せられます。遊具や地面、マンホールなど、鉄製や金属製の部分には特に注意が必要。事前に保育士が確認し、状況に合わせて遊ぶ場所を制限するなどの対応をしましょう。

熱中症・脱水症状

  • 休憩せずに遊び続け、脱水症状になった
  • 直射日光を浴び続け、嘔吐した
熱中症や脱水症状は、時には命に関わることもあります。夏の外遊びは、休憩を多めにしたり時間を短くするなど、季節にあった対応が必要です。環境省が熱中症の予防を目的に発表している「暑さ指数(WBGT)」では、気温25~28℃を「警戒」としています。目安にしてはいかがでしょうか。

参考:暑さ指数(WBGT)とは?/環境省熱中症予防情報サイト

外遊びは行動を予測して先回り!

子どもは大人の想像を超えて、たくさんの興味や関心を行動に移します。外遊びとなると、さらにその可能性は広がります。行動を予測して先回りするよう心がけ、ヒヤリハットを未然に防ぐ対策をしましょう。
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事