閉じる

MENU

ログイン

不審者から園児を守るには?保育園でやっておくべき防犯対策とは

先日、凶器を持った不審者が侵入したというニュースが大きく報道されていますが、保育園や幼稚園、認定こども園にとって防犯対策は喫緊の課題。多くの人が出入りする園では、対策をしっかり取って子どもたちの安全を守らなくてはいけません。今回は、園で行うべき防犯対策についてご紹介します。

保育園への不審者侵入事件

2021年11月9日、宮城県登米市の認定こども園に刃物を持って侵入した男が、職員に取り押さえられて現行犯逮捕されたニュースが大きく報道されました。犯人が「子どもを殺す目的で侵入した」と話しているということに、大きなショックを受けた保育関係者も少なくなかったと思います。

その他にも過去には、2006年に鹿児島県にある保育園にカッターナイフを持った男が侵入した事件や、2017年に大分県にある認定こども園に刃物を持った男が侵入し、保育士や児童が切り付けられた事件など、保育施設での不審者侵入のケースがありました。

このような事件による被害を未然に防ぐためにも、保育士は日頃から防犯の意識を高く持って対策をしておくことが必要です。

日頃からできる防犯対策

各園では防犯訓練などを行うなど、非常事態が起きたときの対応や職員の役割について考えているかと思います。それ以外にも普段の園生活の中でできる防犯対策がありますので、確認してみましょう。

施設に入るときには確認を

お迎え時、普段は父母が来るけれど今日はおじいちゃんが来た、などということもあると思います。「〇〇の祖父です」などと言われ、安易に園内に通してしまうのは危険です。普段と違う人がお迎えに来るときには事前に連絡をもらうように徹底し、園内に通す前には名前や連絡先を書いてもらうなどの対応を決めておきましょう。

合言葉を決めておく

不審者の侵入が確認されたとき、そのまま「不審者が侵入しました」と周知してしまっては、相手を刺激することになるかもしれません。そのため、あらかじめ園内だけで通じる合言葉を決めて、職員全員で共有しておくことも有効な手段です。合言葉は必ず全員で理解して、すぐに対応できるようにしておきましょう。

【合言葉の例】
  • 「ハチが侵入しました。子どもたちは教室に入ってください」
  • 「〇〇先生(いない先生の名前)職員室へ来てください」
  • 「〇〇(実際にはない活動名)の時間になりました。みんな教室に戻りましょう」
  • 合言葉ではないが、決まった音楽を流す

定期的な防犯訓練

毎月とまではいかなくても、数ヶ月に1回など定期的に防犯訓練を行っておくことも大切です。「園内に全員がいる場合」「あるクラスはお散歩に出ている場合」など、さまざまなシチュエーションを想定しておくと臨機応変な対応ができるようになります。

また訓練をするときは、地元の警察署に相談をして連携を取っておくと良いでしょう。可能であれば、警察を通して近隣住民の方にも協力を促しておくと、勘違いで通報されてしまった…という事態も避けられます。

名前を表に出さない

今は、不審者対策で名札を外して登降園する園や小学校がほとんどですよね。名札を用意している園では、外し忘れがないように保育士が降園前に確認しましょう。また、かばんや帽子などへの名前の記載は内側にするなど、園で対応をそろえておきましょう。

今は、子どもに「マーク」を振り分けている園も増えています。直接名前を書かなくてもマークを覚えることで持ち物の見分けがつきますね。

防犯用具の設置・マニュアル作成

先がU字になっている防犯用具の「さすまた」や、防犯スプレーなど、防犯用具を園内に設置しておきましょう。門のオートロックや防犯カメラの設置がされている園も多いと思いますが、未設置のところは、子どもの安全のためにも検討する必要があるでしょう。

また、園ごとに防犯マニュアルがあると思うので、全職員がしっかり目を通し把握しておくことも重要ですね。

子どもたちにも意識付けを

大人だけでなく、園児にも防犯意識を持ってもらうことは大切です。子どもたちに伝えるための方法をいくつかご紹介します。

「いかのおすし」を覚える

防犯訓練では定番の「いかのおすし」。子どもたちにもしっかりと伝えておきましょう。
  • いか・・・ついていかない
  • の・・・車にらない
  • お・・・おきな声で叫ぶ
  • す・・・ぐ逃げる
  • し・・・らせる
また2021年10月には、名古屋市中川区の保育園で連れ去り防止の合言葉「つみきおに」をモチーフにした紙芝居の読み聞かせを行っていました。愛知県警察は、積極的にこの「つみきおに」を保育園で伝えているようで、動画やアニメーションもYouTubeで公開されています。
  • つ・・・いていかない
  • み・・・んなといつもいっしょ
  • き・・・ちんとしらせる
  • お・・・おごえでたすけをよぶ
  • に・・・げる
参考:生活安全課からのお知らせ こどもの安全対策「走って逃げよう!助けを呼ぼう!」/愛知県警察ホームページ

このような合言葉を、保育士さんだけでなく子どもたちも一緒に覚えて意識しておくと良いですね。
 

紙芝居で意識を持つ

紙芝居で不審者などについての話を聞くと、子どもたちにも理解しやすくなるでしょう。数は少ないですが、防犯をテーマにした紙芝居があります。もちろん絵本でもOK。子どもたちが自ら興味を持つことで、しっかりと覚えてもらうことができます。
  • 防犯標語紙芝居 いかのおすし
作:にへいたもつ
絵:たんじあきこ

>>詳細はこちら
  • 防犯紙芝居 しらないひとにきをつけて
作:にへいたもつ
絵:川端理絵
>>詳細はこちら
 

日頃から意識を持った対策を

防犯対策は、日頃からの用意や対応が重要になります。いざというときに慌てないよう、訓練や毎日の習慣などを通して備えておきましょう。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。

<資格>
保育士/児童指導員/社会福祉主事

<Instagram>
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事