閉じる

MENU

ログイン

100均グッズで簡単!スポンジで手作り布おもちゃ【3~5歳児向け】

人気の布おもちゃ作家で元保育士“ゆっこせんせい”によるコラムです。今回は100均グッズを活用したアイデア作品です。>>「布おもちゃ」連載の一覧はこちら

材料は100均のスポンジ

前回は、赤ちゃん向けにスポンジを使った「布積み木」の作り方を紹介しました。

今回は100均のスポンジを使って3~5歳児向けの「ままごとグッズ」の作り方を紹介します。

▼前回記事はこちら 使ったのは、こちら! 

100円ショップで購入したスポンジ6個入り。今回は、やや大きめ(サイズ:約110×60×30㎜)のものを使ってみました。
100円ショップのスポンジ

スポンジが‟食べ物”に変身

作り方はとっても簡単。カッターナイフでスポンジに切り込みを入れるだけです。

なお、今回はスポンジをそのまま使います。口に入れたり・むやみにちぎったりしない年齢向け(3~5歳を想定)です。

1、切り込みを入れる

まず、①の青いラインに切り込みを入れてみました。
スポンジの切り込み線

2、切り込みに挟む

ポケット状になった部分に、いろいろな食材をはさむだけで、あっという間にサンドイッチになります。
スポンジで作ったサンドイッチ

アレンジ例

別のスポンジには、②の赤いラインに切り込みを入れてみました。

こちらはホットドッグのイメージです。
スポンジで作ったホットドッグ
こちらはフルーツケーキのイメージ。
フルーツケーキ

食材として挟んだものは?

今回、私が食材として使ったのはこちら。
食材をイメージした布おもちゃ
  • フェルトを縫い合わせたもの
  • ロープを結んだもの
  • 細く切った布を三つ編みしたもの
  • カラー軍手の指部分に綿を詰めたもの
  • ミニ布ボール
などです。どれも、簡単に作れるものばかりです。

挟むものの作り方はこちら

>>ままごと食材の作り方(しずく型)

もちろん、保育室にあるままごと食材を使ってもOKです。

三角に切ると?

また、スポンジを三角形になるように半分に切って表面に切り込みを入れて具材を入れると…ショートケーキができました!
スポンジで作ったショートケーキ

スポンジは万能な材料

スポンジの弾力があるので、切り込みを入れるだけでいろいろなものが挟めます。

但し、あまり大きなものは難しいかも。おはじきやビーズなどの小さなものや、折り紙や広告紙などでも楽しめそうです。

今回は、とっても簡単なままごとグッズを紹介しました。

アレンジによって、ままごとやサンドイッチ屋さん・ケーキ屋さん、パーティーごっこなど、さまざまなごっこ遊びが始まりそうですよね。

保育室にあるままごと食材と組み合わせて、ぜひ楽しんでみてください。


▼合わせて読みたい!おすすめ記事
ゆっこせんせい

この記事を書いた人

ゆっこせんせい

布おもちゃ作家。一般社団法人 布育普及協会 代表理事。静岡市清水区在住。十数年の保育士勤務と育児経験を経て、小さな頃から大好きだった手芸を生かし創作活動を始める。作家歴15年。
「“おもちゃ”は、子どもにとって、単なる暇つぶしの道具ではなく、成長・発達にとってかけがえのないもの」という考えのもと、育児や保育に役立つ布おもちゃを提案している。
保育雑誌「ピコロ」「ひろば」「ポット」で連載。「ラポム」「幼児と保育」などで執筆。清水区の「ぬのいく協会アトリエ」にて「布おもちゃのお部屋」運営中。
<ぬのいく協会HP>
http://nunoiku.com
<ブログ>
http://ameblo.jp/yukkotoy

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事