閉じる

MENU

ログイン

華やか!花火のひっかき絵【製作】

二重に塗り重ねたクレヨンや絵の具の表面をひっかいて削ることで、独特な雰囲気の絵柄が浮かび上がる「ひっかき絵」。今回は、夏祭りのイメージにぴったりの花火をテーマに作ってみました。子どもたちと楽しみながら取り組めるので、製作活動としておすすめですよ。 

対象年齢 

3歳/4歳/5歳 

用意する材料・道具

  • 画用紙 
  • クレヨン 
  • 絵の具(黒) ※アクリル絵の具がおすすめ
  • 絵筆 
  • 竹串 
 

作り方

  1. 画用紙にクレヨンで色付け 
    画用紙にクレヨンで色付け
  2. 花火の色を意識してランダムに 
    花火の色を意識してランダムに
  3. 全体を塗りつぶしていく 
    全体を塗りつぶしていく
  4. 黒の絵の具を用意 
    黒の絵の具を用意
  5. 上から全面を塗りつぶしていく 
    上から全面を塗りつぶしていく
  6. 全面が塗りつぶせたら一度乾かす 
    前面が塗りつぶせたら一度乾かす
  7. 絵の具が乾いたらもう一度塗りつぶしていく 
    絵の具が乾いたらもう一度塗りつぶしていく
  8. もう一度絵の具を乾かす 
    もう一度絵の具を乾かす
  9. 絵の具が乾いたら 
    絵の具が乾いたら
  10. 竹串でひっかいて 
    竹串でひっかいて
  11. 表面の絵の具を削り取っていく 
    表面の絵の具を削り取っていく
  12. 下の方は山々をイメージ 
    下の方は山々をイメージ
  13. 夜空に打ちあがる花火を描いて 
    夜空に打ちあがる花火を描いて
  14. 完成です♪ 
    完成です♪
★YouTube公式チャンネル 

ワンポイントアドバイス

ひっかき絵の組み合わせにはさまざまなパターンがありますが、今回のクレヨン+絵の具が比較的簡単でおすすめ。上に塗る絵の具は水を混ぜ過ぎると下の色が透けてしまうので、その場合は重ね塗りをするか、最初から水を控えめにするなどで調整してみてくださいね。 
 
竹串を使うときは、尖った部分で怪我をしないよう、くれぐれも注意しながら活動を進めてくださいね。 

【クリエイター】金丸 遥 
【ディレクション・監修】星野慧/KUMA’S FACTORY 

注意) 
再生にはパケット通信料が発生します 
再生時には音声が流れます 

▼こちらもチェック!夏におすすめの製作 ほいくis/ほいくいず 
【1日3分で保育を楽しく】 
https://hoiku-is.jp/ 
金丸 遥(かなまる はるか)

この記事を書いた人

金丸 遥(かなまる はるか)

2020年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。
主にガラスや樹脂などを使った作品をギャラリーや百貨店をはじめとした国内外で展示、企業や公共施設での作品設置をしている。
時々「SUMMER SONIC」などの大型イベントにてライブアート制作を行う。

<ホームページ>
http://www.kanamaru.cc/haruka

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事