ログイン

どうする?節分の伝え方~保育園で楽しめる手作りゲーム

節分の福豆
2月の保育園・幼稚園の行事と言えば、節分ですよね。節分会を行ったり、子どもたちに話をしたり、節分ランチなどを楽しむ園もあるのではないでしょうか。今回は、子どもたちへの節分の意味の伝え方や、楽しみ方をご紹介します。

節分とは

節分の由来には諸説ありますが、「季節を分ける」という意味があり、季節の節目となる「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを節分と言ったそうです。

旧暦では、春を1年の始まりとして考えられていたため立春の前日はとても重要な日であり、次第に節分は2月3日頃(日付は異なります)を指すようになったと言われています。

豆まき・柊鰯(ひいらぎいわし)・恵方巻の意味は?

〈豆まき〉
昔、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと言われており、それを追い払うために豆まきをしたそうです。

豆を使用するのは、鬼の「魔目(まめ)」にめがけて豆を投げると「魔滅(まめ)」になるという理由があると言われています。

〈柊鰯〉
節分の時期に、柊の枝に焼いた鰯の頭を刺した「柊鰯」を見たことがある方もいるのではないでしょうか。これには、焼いた煙のにおいや尖ったものを鬼が嫌うため、魔よけの意味が込められているそうです。

〈恵方巻〉
その年の福の神様がいると言われる方角(恵方)を向いて、太巻きを切らずにそのまま食べることで、無病息災などを願います。食べるときは無言で願い事を思い浮かべながら、とされていますよね。

節分について子どもに伝えるときは
  • 節分は春が来る前の大切な日
  • 季節が変わるときには悪い鬼がやってくる
  • その鬼を退治するために豆をまく
  • 鬼は、煙のにおいや尖ったものが嫌い(だから柊鰯というものを飾る)
  • 恵方巻を食べるときは、お願い事をしながら食べる
と分かりやすくまとめてみてくださいね。


節分手作り遊びアイデア

節分をさらに楽しむために、子どもたちとできる手作り遊び・ゲームをご紹介します。

鬼退治ボーリング

【材料】
  • ペットボトル(3~10本)
  • 色画用紙(鬼用)
  • 新聞紙(ボール用)
  • ガムテープ
  • ビニールテープ
【作り方&遊び方】
  1. 色画用紙の組み合わせで鬼を作り、両面テープでペットボトルに貼り付けます
  2. 新聞紙を丸めてガムテープを巻きつけてボールを作ります
  3. ペットボトルを3~10本並べて、新聞紙のボールを転がして遊ぶことができます
このとき、少し難易度をあげるのであればペットボトルの中に水やビー玉などのおもりを入れましょう。口をビニールテープでとめて、中身が出てこないようにすることも忘れずに。おもりを入れた場合は少し重さのあるボールを使用するなど、子どもの力で倒れるかどうかの確認もしておきましょう。

豆つかみゲーム

【材料】
  • 紙皿(2つ※プラスチック製などでも可)
  • 色紙、カラーペンなど(イラスト用)
  • 豆(市販の豆まき用など)
  • お箸(割り箸でも可)
【作り方&遊び方】
  1. 紙皿の底に、動物やキャラクターなど好きなものの写真を貼ったり、イラストを描きます
  2. 底が隠れるくらいに豆を入れます
  3. 箸で豆をつかんでもうひとつのお皿に移していきましょう。全部移せたら底にある絵が見えてきますよ
ただの豆つかみではなく、ちょっとした楽しみを取り入れた遊び方です。指先の運動にもなるのでおすすめです。
 

伝統行事を楽しもう

園行事をきっかけに、子どもたちにも伝統行事の由来を楽しみながら知ってもらえるといいですね。
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事