ログイン

【2021年版】すぐに使える月案文例・フォーマット【10月・1歳児クラス】※ダウンロードあり

1歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、1歳児クラス・10月の月案です。
>>月案文例リンク集はこちら

今月のポイント

言葉も動きもどんどん活発になっていく1歳児クラスの10月は、存分に自然と触れ合う体験をしてみましょう。落ち葉に手で触れたり、足で踏んだりするだけでも違った楽しみ方が生まれます。自然を通してさまざまな体験ができるので、ぜひ秋ならではの自然を楽しんでくださいね。

ねらい

  • 戸外で身体を動し、健康に過ごす。
  • 食事の準備や片付け、玩具の整理など生活習慣を身に着ける。
  • 自分の意思や気持ちを言葉で示す。
  • 保育者や友だちと簡単なごっこ遊びを楽しむ。
  • 秋の自然に触れて五感を豊かにする。
  • 生活発表会に向けて楽しみながら体操をする。
  • ハロウィンパーティーに参加し、行事を楽しむ。
  • さまざまな言葉を覚え、理解して使う。
  • 指先をうまく使って製作を楽しむ。

内容

  • 追いかけっこやボール遊び、砂遊びなどさまざまな遊びを自分で選び楽しむ。(健康)
  • 食事エプロンや手拭きタオルを準備したり、玩具を元あった位置に戻したり、保育者の声かけやサポートを受けながら自分の意思で行動しようとする。(健康・人間関係)
  • 保育者に「いやだ」「これがいい」など、分かる言葉を使って強く意思表示をする。(人間関係・言葉)
  • 保護者やお店屋さんなど、自分が目にした身近な人を模倣して遊ぶ。(人間関係)
  • 落ち葉の中に寝転んだり、ドングリやまつぼっくりを拾いながら、五感を使って秋を楽しむ。(環境)
  • 生活発表会で披露する体操を保育者と一緒に踊り、音楽に合わせて身体を動かしてのびのびと音を楽しむ。(環境・健康・表現)
  • ハロウィンパーティーで仮装をしたり、歌を歌ったりして、異文化に触れる。(環境)
  • 保育者や他児の名前を呼んだり、遊びの中で簡単な言葉を使って会話を楽しむ。(言葉・人間関係)
  • 紙をちぎったりのりで貼ったりして、ちぎり絵の技法で製作を行う。(表現)
※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)

環境構成

  • 気温に合わせた服装で出かけ、心地良い環境の中でのびのび身体を動かせるようにする。
  • 初めは保育者が手本を見せたり、一緒にやってみたりする。子どもが自分で挑戦しようとしているときは手を出さず見守る。
  • 子どもの意思を大切にし、「そうだね」「これが良いんだね」など声をかけながら受け止めていく。
  • 段ボールやフェルトなどを使って手作りのお店屋さんグッズを作り、コーナーに置いておく。
  • 石や危険な虫などには気をつけながら、子どもたちが自然の中で興味を探求できるように遊びの様子を見守る。
  • 保育者も一緒に歌ったり身体を動かしたりして、楽しい気持ちを共有する。
  • 子どもたちがハロウィンをイメージしやすように、絵本を読み聞かせに取り入れる。
  • 子どもが興味を示しているものに対して名称を教えたり、保育者や他児の名前を伝えながら語彙が増えるようにサポートする。
  • のりがはみ出しても良いように、机には事前に新聞紙を貼っておく。

予測される子どもの姿

  • 行動範囲が広くなり、さまざまな方向に歩いたり走ったりしながら身体を動かすことを楽しむようになる。
  • 自分ひとりでやりたい気持ちが強くなり、時間をかけても最後までやり遂げようとする。
  • 気持ちがうまく通じないときは怒ったり泣いたりすることもあるが、知っている言葉を使って一生懸命伝えようとする。
  • 「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」など、知っている言葉を使いながらままごと道具やおもちゃを使ってお店屋さんごっこを楽しむ。
  • 見つけた木の実を拾ったり、虫を近くで眺めたりと、自然のものに興味を示す。
  • 好きな音楽が流れると楽しそうに身体を動かしたり、保育者の真似をして体操をする。
  • ハロウィン絵本の中に出てきたおばけかぼちゃに興味を持つ。
  • 「〇〇せんせい」「△△ちゃん」と周囲の人の名前を口にすることが増える。
  • 紙をちぎる作業が楽しくなり、製作以外でも新聞紙をちぎって遊ぶ様子が見られる。

家庭や地域との連携

  • 歩く距離が増えたり、走ったりするようになったので靴のサイズを見直してもらう。
  • 寒い日が増えるので、気候に合わせて調節できるような服装を準備してもらう。

健康や安全

  • 手洗いや室内の換気をこまめに行い、インフルエンザなどの感染症予防に努める。
  • 戸外遊びの際は車や自転車に気を付ける意識が持てるよう、子どもにも日頃から話をする。

食育

  • 旬の食材を使った給食を楽しみ、好きなものが増えるようにする。
  • 食材を丸呑みしてしまう子がいるので、よく噛んで食べられるように保育士がお手本を見せながら食事を勧める。

今月の歌・手遊び

  • ふうせん(歌)
  • ドロップスのうた(歌)
  • パンダうさぎコアラ(手遊び)

ダウンロード

月案フォーマットをダウンロードすると、この他のおすすめの歌や手遊びを無料で見ることができます。さらには「今月の体操」や「季節の絵本」情報も公開中! ぜひ会員登録をしてチェックしてみてくださいね。

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
月案フォーマットはこちら

文例(Wordファイル/PDFファイル)


月案文例(Word)はこちら月案文例(PDF)はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。


▼その他の関連記事
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事