ログイン

「タピオカミルクティーって何?!」本場ブラジルのタピ活とは

ブラジルの市場で売られているタピオカ
ブラジル・カノア保育園の設立ストーリーと並行してお届けしている、ブラジルの文化や地元の生活を紹介するシリーズ。今回は、日本でブレイクしている「タピオカ」についてのあれこれです。
近頃、日本で再流行している、「タピオカミルクティー」。このタピオカの原材料ってなんだか知っていますか? 実は「キャッサバ」と呼ばれる芋なのですが、ブラジルでは「マカシェイラ」と呼ばれています。

実はこのキャッサバ。ブラジルではとても似た2つの芋があります。「マカシェイラ」と「マンジョッカ」。見た目も似ていますが、名前もどことなく似ていますよね。しかしこの2つの芋、決定的な大きな違いがあります。それは、マンジョッカには、そのまま食べると体に有害な毒があるということです。シアン化合物という猛毒を含んでいますが、この物質は人間の場合、0.06gを吸入すると即死するそうです。そのため、間違ってもマンジョッカを食べてはいけません。ブラジルのスーパーで普通に売っているものはマカシェイラの方なので、「どっちがどっちか分からない!」という人でも、安心して食べられますが…。





このマカシェイラ。ブラジルでは毎日のように口にします。ゆでたもの、フライにしたものはもちろんのこと、粉状にして「ファロッファ」と呼ばれるふりかけのようなものをご飯にかけたり、そのでんぷんを使って、クレープのようなものやパン・デ・ケージョを作ったり…と、ブラジル人には欠かせない食材です。

では、いわゆる“タピオカ”とはいったいどのようなもののことを言うのかというと、マカシェイラのでんぷんを粉にしたもので作ったものなのです。ただ、ブラジルでは日本で見かけるような丸くて透明なものではなく、クレープのように焼いて食べます。そのため、日本でみかけるタピオカをブラジル人に見せても、「何これ?」と言われてしまうかもしれませんね。

タピオカはグルテンが入っていないので、アレルギーのある人など、パンを食べることができない人にはもってこいの料理と言えます。私が住むセアラ州では、タピオカにココナッツを混ぜ、厚めに焼いたものが主流ですが、自宅で食べるときには、フライパンでクレープのように薄く焼いて食べることがほとんどです。薄く焼いたタピオカには、お好みでひき肉の炒め物や卵にトマト…といった、サンドイッチの具材のようなものをはさんで食べたり、シンプルにココナッツにコンデンスミルクを塗って食べたり…と、軽食やおやつにも大人気です。

日本人の私たちが親しんでいるタピオカとは異なりますが、ブラジルに訪れた際にはぜひ、その地方のタピオカをぜひ堪能してみてください。とっても美味しいですよ!!

 
鈴木真由美

この記事を書いた人

鈴木真由美

保育士。ブラジル・カノア保育園 園長。2000年にブラジル北東部にある漁村カノアに渡り保育園の運営を始める。2006年にカノアでの支援を目的にした「光の子どもたちの会」を設立(2015年にNPO法人となる)。現地の地域力向上を目指して活動中。2児の母。
<光の子どもたちの会HP>
http://criancasdeluz.org/quem_somos_nos/quem_somos_jp.html

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事